業界最狭水準スプレッド

為替レートの見方

oure 為替レートという言葉は、一般的なニュースなどでもよく耳にするでしょう。この為替レートは、簡単に言えば、自国通貨と外国通貨の交換比率のことです。また一般的に為替レートは、例えば米ドル/円の場合には、1ドル100円~100円5銭といったように、幅をもっています。これは売る時が100円で、買う時が100円5銭ですという意味です。この5銭の差額のことをスプレッドと言います。

為替レートが変動する理由

為替レートの変動に影響をあたえるのは、それぞれの国の経済状態や政治情勢など、あらゆることが複雑に作用します。しかし変動する基本的な原因は、通貨の需給バランスです。為替市場における通貨の価値は、常に2つの通貨の相対的なものです。ある通貨の人気が高くなればその通貨の価値は上昇し、もう一方の通貨の人気が下がり、通貨の価値も下落します。その人気の理由となるのが、それぞれの経済や政治要因で、海外FXをする際にもしっかりと理解しておきましょう。

世界中の主な通貨

米ドル

基軸通貨と呼ばれ、米国が関わる取引き以外でも、世界中のほとんどの取引きで使われています。それだけ流通量が多く、動きも活発です。XE Marketsでもやはり米ドルが一番の取引量となっています。米ドルは馴染みがあり、情報も得やすいので、取り扱い易い通貨です。

ユーロ

EUに加盟する多くの国が共通で使用している通貨です。それだけに流通量は米ドルについで2番目に多く、第2の基軸通貨としての地位を築きつつあります。世界中の中央銀行も、米ドルのリスクヘッジとしてユーロの保有量を増やす傾向が続いています。

英ポンド

かつては世界経済に大きな影響力をもっていたイギリスの通貨ですが、現在は英国内の通貨以上の価値はほとんどありません。主要通貨の中では比較的変動が激しいことから、FXでは人気の通貨の1つになっています。

カナダドル

カナダは資源国であり、原油や金などを輸出しています。そのため比較的為替レートは安定していますが、国境を広く接する売国との貿易が盛んなため、米国経済の影響を受けやすいという特徴があります。

オーストラリアドル

オーストラリアも資源輸出国であり、経済は安定しています。そして主要国のなかでは高金利を誇っていることから、スワップポイント狙いの投資家に人気の通貨です。しかし経済規模が比較的大きくないことから、為替レートは変動しやすくなっています。

ニュージーランドドル

オーストラリアドルと同様に、高金利が魅力の通貨です。オーストラリアとの経済的なつながりが強く、連動して動く傾向があります。

スイスフラン

戦争等の有事や経済に混乱が発生した時に、避難先として買われることが多いのがスイスフランです。しかし経済の大部分を貿易で担っていることから、スイスフラン高の傾向が強まると、政府が為替介入をして調整を図ります。

南アフリカランド

こちらも資源輸出国で高金利のなので、スワップポイント狙いの投資家には人気の通貨です。金やプラチナの主要産出国であり、これらの価格と通貨の価値が連動することもあります。
 

キャッシュバックキャンペーン
自分はFXの口座開設キャンペーンのキャッシュバックにひかれFXを初めたのですがこれが思った以上におもしろく、そんなに大きく取引するわけではなく少ない資産で運用しているのですがFXをはじめるようになってから経済のニュースにも興味がわいてきたり、税金のことや、政治のことにも興味がわいてきたのでFXを初めてよかったとおもっています。資産は少しだけふえておりこれからも引き続き運用していきたいと思っています。