業界最狭水準スプレッド

デイトレードという取引方法

oure FXのデイトレードは、数時間~1日程度の大きな変動を利用してトレードを行う方法です。これは状況にもよりますが、ドル円で言うと数十銭の変動です。60分足、10分足、5分足をみつつ、1日の動きを方向性としながら先を予想してトレードするパターンと、ただ単に60分足を見て時間単位で取引するパターンがあります。

どちらにせよ、スキャルピングと比べると取引回数は少ないですが、1回で狙う利益が大きくなります。1回の取引は手数料がかかるため、取引コストを削減することもできます。なので初心者向けと言えるでしょう。

◆デイトレードのやり方

デイトレードは日足で大枠を掴み、60分足、10分足でレジスタンスやサポートを参考にしながら、エントリーポイントや利益確定ポイントを決めるやり方が大半を締めているでしょう。レジスタンスやサポートを行うときや、ダウ理論、ボリンジャーバンド、トレンドラインなどを参考にしながら、方向性を考えるやり方が多いでしょう。

◆デイトレードのメリットとデメリット

アイフォレックスでのデイトレードはスキャルピングと比較すると取引コストは削減できますので、焦らずにしっかり考えながら取引できるということろがメリットと言えます。逆に、取引を行える回数が少ないのがメリットでしょう。

しかし、FXは24時間取引を行えますので、1日何回もチャンスが巡ってきます。焦ると損をする危険性が大きくなるので、落ちついて取引を行いましょう。またバイナリーではバイナリー88などでもできるようになっています。

◆スイングトレードとは?

スイングトレードというのは、数日の値動きを利用してスレードする方法です。大体の場合、レンジ相場だと数日で戻って来たりもするので、日足でトレンドが発生している場合に得をします。

週足や日足を軸に、4時間足などをみながら、大きな相場の動きなどの方向性を掴み、そこで勝てるようにポジションをとりに行きます。そこではある程度大きい動きを狙うので、デイトレードよりも小さめのポジションで挑戦します。

デイトレードよりも取引コストは小さくなるので、かなり有利な方法になってきます。トレンドが発生していないとやりにくかったり、取引のチャンスが少ないことがデメリットです。

FXでスイングトレードを行っている人は、デイトレードと組み合わせて取引を行うことによって、スイングトレードのデメリットを補っている方も多いようです。
 

キャッシュバックキャンペーン
自分はFXの口座開設キャンペーンのキャッシュバックにひかれFXを初めたのですがこれが思った以上におもしろく、そんなに大きく取引するわけではなく少ない資産で運用しているのですがFXをはじめるようになってから経済のニュースにも興味がわいてきたり、税金のことや、政治のことにも興味がわいてきたのでFXを初めてよかったとおもっています。資産は少しだけふえておりこれからも引き続き運用していきたいと思っています。