業界最狭水準スプレッド

アメリカ経済が世界中の為替を動かす

oure アメリカ経済が、為替市場に与える影響は甚大です。通貨取引と言うのは常に相対的であることから、その影響は連鎖的におこります。しかしそれ以上にアメリカの場合は基軸通貨を発行している国である上に、世界の25%を占める規模のGDPを誇っているのです。したがってアメリカのGDP成長率やインフレ率、失業率などの雇用統計などは、もしこれらに予想外の結果が出れば、為替レートは急激な変動を起こすことになります。FX比較の時には注意しましょう。

また為替レートは、実際の指標以外にも、各国の金融政策などに影響の強い人物の発言が影響することがあります。よくニュースで要人発言という言葉が出ますが、この場合の要人とは、各国の財務大臣や中央銀行の総裁クラスの人物を指します。そしてアメリカでは通貨をコントロールしているFRB(米連邦準備制度理事会)の議長がそれにあたり、この人の発言が為替レートに与える影響は、非常に大きなものがあります。あらかじめ重要な経済指標の発表や要人の会見が予定されている時には、特にmeta trader4を利用している個人投資家は、事前にポジションを精算しておいたほうが良いでしょう。それはその影響によるリスクが大きすぎるからです。それらがすべて出揃って、市場の流れが見えてきた時から取引きを始めても遅くありません。

また政策的要因としては、為替介入というものがあります。日本でも数年前に実施したことがニュースになったので、覚えている人も多いかもしれません。これは日本の場合では、進みすぎた円高によって輸出企業の業績に与えるダメージが大きくなり、それが日本全体の経済や景気に悪影響を与えるようになったために、政府が資金(税金)を為替市場に投入して、為替レートを円安に向かわせました。実際には数兆円規模の資金で、市場でドルを購入しました。為替介入は頻繁に起こることではありませんが、もし起こった場合には、トレンドが一気に反転します。

影響は連鎖的に起こる

通貨ペアは、2国間で見れば、一方の通貨の価値が上がれば、もう一方の価値は下がることになります。しかし実際に通貨を取引している相手は、特定の2国間だけということはありません。例えばAという通貨の価値が上がれば、Bの通貨の価値は下がりますが、そのBの通貨と取引きがあるCの通貨の価値にも影響します。またCとAの通貨にも直接的な取引きがあるので、当然それにも影響することになります。つまりそれぞれの要因に注目しながらも、全体的な影響についても常に頭に入れておく必要があるのです。
 

キャッシュバックキャンペーン
自分はFXの口座開設キャンペーンのキャッシュバックにひかれFXを初めたのですがこれが思った以上におもしろく、そんなに大きく取引するわけではなく少ない資産で運用しているのですがFXをはじめるようになってから経済のニュースにも興味がわいてきたり、税金のことや、政治のことにも興味がわいてきたのでFXを初めてよかったとおもっています。資産は少しだけふえておりこれからも引き続き運用していきたいと思っています。